鬱病かもしれないと感じたら|自己診断を行なってみよう

心療内科へ行く前に

ナース

知っておきたいこと

様々な事情から発病する鬱病は、もはやだれがいつかかってもおかしくない病気であるといえるでしょう。日々多様なストレスに晒される中で、ふと心の疲れを感じたり、虚無感を感じたりすることもあるでしょう。あるいは、仕事や学校のことを考えただけで具合が悪くなったり、眠れなくなったりする方もいらっしゃるかもしれません。このような症状を感じた時には、早めに心療内科を受診することをお勧めします。症状が進行する前に治療を行えば、比較的早く完治したり、重い症状に悩まされたりする可能性が低くなるためです。しかし、心療内科というものは、なかなか気軽に受診しようと思えるものではありません。また人に見られたらどうしようとか、薬の副作用を心配する方も少なくありません。病院そのものであったり、精神科や心療内科で処方される薬に不安を抱いていたり、他人に悩みを打ち明けることに抵抗感を持つ方が多く、なかなか早めの受診へとつながらないのが現状です。そこでお勧めしたいのが、病院へ行く前に自己診断を行う、ということです。現在、インターネット上には様々なウェブサイトが存在しています。その中には鬱病や睡眠障害など、心の病の自己診断を行うことが可能なチェックシートというものが公開されています。これは設問に答えていくだけで簡単にストレスの度合いや鬱病の可能性などを診断してくれるというものです。自分の症状を改めて認識することができる上、この結果を印刷し、心療内科へと持っていくことも可能です。また、もう一つ行っていただきたいのが日々の記録を付けることです。簡単な日記のようなものでも構いませんし、箇条書きでも構いません。一日の行動や自分の気持ちの変化などを書き記してみましょう。自分の行動や心の動き、ストレスの感じ方などを確認することができますし、診察を受ける際にもこれがあれば筋道を立てて冷静に話すことができる可能性がぐっと高くなります。鬱病患者の多くは人との関わりに恐怖心を持つことがあり、上手に話をすることができない場合があります。そのような方でもきちんと医師に説明することができるようになるため、この方法は非常にお勧めです。

向精神薬の作用と副作用

ウーマン

鬱病治療薬は、医師の処方通りに服用すればほとんど危険はありません。患者自身が正しい知識を身に着け、また医師の指示を忠実に守ることで副作用などのリスクを減らすことが可能です。くれぐれも自己判断での増薬・減薬をしないようにしましょう。

長い時間をかけて治す病気

カウンセリング

鬱病の治療方法は大きく3つあります。1つは学校や仕事などを休む休養です。次に、精神療法です。カウンセラーや医師と対話することで、問題の解決方法を一緒に探します。最後に、薬物療法です。抗うつ薬を服用することで、症状の改善を図ります。

メンタル不調の対応とは

聴診器

鬱病は珍しい病気ではありません。また社会的にも理解がすすみ、その原因も徐々に明らかになってきています。また精神的な落ち込みだけではなく体に症状が現れることがあります。何よりも大事なのは自分の症状を理解し、早めに専門医を受診することです。

心療内科にかかる前に

男の人

鬱病の患者は増加傾向にあり、近年においては特に若年層の患者が多くみられます。若年層の鬱病患者の中には従来とは異なる症状を持つ新型鬱病患者も見られます。その症状はただのわがままであると取られがちですが、放置すると症状の悪化を招き、危険です。

心療内科の選び方

待合室

鬱病の治療には、専門医にかかる必要があります。良い病院を選ぶには、「話しやすい医師が在籍していること」と「通院が容易であること」に重点を置くとよいでしょう。この2点を踏まえ、安心して治療に臨むことが可能な病院を見つけましょう。