鬱病かもしれないと感じたら|自己診断を行なってみよう

医療

メンタル不調の対応とは

聴診器

専門医の受診が大事

現代社会においてメンタル不調は珍しいものではなくなりました。以前とはことなり、病気に対する社会の理解もすすんでいます。しかしまだ社会全体が病気の事を分かっている訳ではありません。一言でメンタル不調と言っても様々な病状や種類があります。メンタルの不調と言えば、まず頭に浮かぶのは「鬱病」ではないでしょうか。現在約73万人もの患者の方がいると言われています。主な症状としては、気分の落ち込みが1日中、2週間以上続くことがあります。不安やあせり、「消えてしまいたい」と言う自己否定と言った精神的な症状だけではなく、頭痛や肩こり、めまいと言った身体的な症状が出る場合もあります。現に一部の人は体の痛みなどから内科などを受診し、そこで心療内科や精神科の受診をすすめられる、と言うこともあります。鬱病の原因は完全には明らかになってはいません。遺伝的な要素に加え、人間関係の悪化、慢性的な疲労、就職や結婚などの大きな環境の変化などが原因と言われていますが、まだ全てがわかっている訳ではありません。医学的には脳の神経細胞の伝達方法に異変があることがわかっており、中でもセロトニンとノルアドレナリンの量が減少していると言われています。鬱病の症状は人によって様々ですが、症状が重くなると社会生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。そして誰にでもなる可能性がある病気ですが、それではどのようなことに気を付ければよいでしょうか。何よりも大事なのは自分自身の状態を知る事です。簡単な方法としては、ネットなどで病院や公的機関が実施している鬱病チェックを受けてみることです。一人で簡単に行う事が出来ますので、自分の状態を知る手がかりになるでしょう。また会社で実施が義務付けられているストレスチェックを利用することもできます。ストレスチェックの結果によっては、会社に業務の軽減などを申し入れる事が出来る場合もあります。そしてもしも自分に鬱病の疑いがあるなら、早めに心療内科などを受診する事です。他の病気と同じく、鬱病も早目の専門医の受診や治療が重要です。早目に対応をして、元気な自分を取り戻しましょう。